ネガティブな退職理由をポジティブなものに変えるには?

労働時間が長いからと辞めた場合は「生産性をきちんと考えた仕事をしたい」、仕事にやりがいを感じなくて辞めたときは「新しい環境でさらなる成長を目指したい」と変えると悪い印象を与えません。転職理由がネガティブだったとしても表現を変えれば、ポジティブなものになるのです。
履歴書に書くときには、150文字以上、200文字以下といったところが理想でしょう。
異業種に職業を転じるのは大変なイメージが強いですが、本当のところはどうなのでしょうか?結論はというと異なる業種への転職は難しいです。
経験者と未経験者の2人が存在した場合、採用担当者は経験者を採用する可能性が高いです。
ただ、絶対に不可能だというわけではないので、尽力次第では転職ができることもありえます。異業種に職を変えるのは難しいと考えている人が多いですが、本当のところはどうなのでしょうか?結論をいうなら、異なる業種に転職するのは簡単ではありません。
同じ採用試験に経験者と未経験者が来た場合、業務経験のある人を選択する人事担当者が多いものです。ただ、絶対に不可能というわけではありませんので、懸命に努力を重ねれば異なる業種に職を変えられることもあるものです。
労働時間が長いという理由で退職したのなら「生産性を大切にする仕事をしたい」、仕事にやりがいがなくて退職した場合は「新たな環境でいっそう成長したい」と言い換えたら印象が違います。
ネガティブな転職の事由も表現のし方でポジティブな印象になります。
履歴書に記入するときは、150文字から200文字程度がよいです。
転職の理由として良いものは、まず、転職を希望する本当の理由を問い直してみてください。
直接伝えるものではないので、素直にノートに書いてみましょう。そして、与える印象が否定的なものとならないようにそれを違う方法で表現します。その理由が長い転職だと言い訳だと誤解されかねないので、長くならないようにします。

1 2 3 4 5 6 12

▲Pagetop

カテゴリー